渋谷・横浜のパーソナルストレッチ専門店S-LIFEエスライフ

渋谷・横浜両店お電話にてご予約受付中045・620・8330

【渋谷店】03-6455-3434 【横浜店】045-620-8330

スタッフブログ

トップ > ブログトップ > ストレッチ > 【太ももストレッチまとめ】血行を良くして美脚を手に入れよう。

【太ももストレッチまとめ】血行を良くして美脚を手に入れよう。

四頭 座

こんにちは!エスライフ横浜店の奥村です。

今回のブログは「太ももストレッチまとめ」がテーマです。太ももの表側や裏側だけでなく付け根や外側のストレッチも紹介しているので是非、やってみてくださいね!

 

太ももストレッチの効果

ここでは太もものストレッチをすることで得られる効果をいくつか挙げていきます!ストレッチをすることで悩みが改善すると良いですね!

【むくみ解消】

足が浮腫む原因は、下半身の血流が悪くなることで、足に水分や老廃物が溜まってしまうことで起こります。血流は、筋肉が本来もっている、血流を促すポンプ機能が弱くなってしまうことで悪くなります。

筋肉のポンプ機能は、筋力の低下や、筋肉が硬くなることで弱くなります。血流を十分に循環させて、足にむくみを溜めないために、ストレッチでしっかりと筋肉を動かして、筋肉のポンプ機能のはたらきを保ちましょう!

【O脚、X脚改善】

O脚、X脚の原因は、先天性と後天性のものに分かれます。

先天性のものは骨の変形や、関節に障害がある場合なので、一般的な矯正で改善していくのは難しいです。ただ、後天性のものは日常生活における姿勢や立ち方が原因になっているものがほとんどです。

例えば普段歩くときにガニ股や、内股になっていたり、姿勢が猫背や反り腰になっていることから、太ももの筋肉が硬くなり、骨盤が歪み、O脚やX脚が定着してしまいます。

まずは日常生活で癖になっている部分を意識し、骨盤を歪めている原因となっている筋肉の柔軟性をあげていくことで、改善していくことができます。

太ももストレッチまとめ

 

【大腿四頭筋ストレッチ内側】

  • 長座の姿勢をとり、右足だけ折り曲げます

  • 次に両手を床につけます。お尻より少し後ろくらいの位置に手を置きましょう。

  • そのままの姿勢をキープしていただくと、腿の前側の特に内側の部分が伸びる感覚があると思います。

  • 15〜30秒キープしてください。

 

【大腿四頭筋ストレッチ外側】

  • 大腿四頭筋の外側を、ストレッチしたいほうの足が上になるように横向きに寝ます。
  • 肩の下に肘をつくように、前腕で上体を床から離します
  • 伸ばしたい方の足を折り曲げ、つま先をつかみます
  • 体の外側に足を傾けながら足を上体に引き寄せます。
  • そのまま15〜30秒キープしてください。

 

【大腿四頭筋ストレッチ立ち姿勢編】

  • 片足立ちになります。バランスを取りにくい場合は、壁に手をつけた状態でかまいません。
  • ストレッチする側の足首をつかみ、膝を曲げてお尻に近づけます。
  • この時背筋はまっすぐに保ちましょう。
  • 腿の前側が伸びているのを感じたら15〜30秒キープしてください。

 

【ハムストリングスのストレッチ内側・外側】

  • 両足を伸ばして床に座り、左膝の下に右足首を入れて左膝を軽く曲げたら、両手を左膝に添えます。
  • 両手を前方にスライドし、左足の太ももの裏側をストレッチします。
  • 伸ばした足のつま先を内側に向けて反対の手で小指側をつかみ、次につま先を外側に向けて同じ側の手で親指側もつかんでいただくと、3方向に伸ばせて、まんべんなく腿の裏側がストレッチされます。

 

【ハムストリングスのストレッチ仰向け編】

  • 仰向けに寝ていただきます
  • ストレッチしたい方の膝を抱え込むようにして膝を胸に近づけます。
  • 15〜30秒キープしてください。

 

【内転筋群ストレッチ立ち姿勢編】

  • 両足を肩幅より大きく広げ、手は膝の上に置きます。
  • そこからゆっくり腰を落とします。
  • 腿の内側が伸びていると感じたら15〜30秒キープしてください

 

【内転筋群ストレッチ座位編】

  • 床に座っていただき、両足の裏をあわせます。
  • 背筋はまっすぐを意識して、両足の膝を手で下に抑えます。
  • 腿の内側が伸びているところで、15〜30秒キープしてください。

また、骨盤が後傾してしまい、座った状態で足の裏をあわせる姿勢をとるのが難しいかたは、仰向けに寝た状態で行うと、ストレッチしやすくなるかと思います!

 

【大腿筋膜張筋ストレッチ立ち姿勢編】

  • 柱や壁に手をついて、体を支える状態で、壁の対して横向きに立ちます。
  • ストレッチしたい方の足を後ろに交差させてください。
  • そのまま壁に体重をかけていき、骨盤の横あたりが伸びているところで15〜30秒キープしてください。

【腸腰筋ストレッチ立ち姿勢編】

  • 椅子を使ってストレッチしていきます。
  • 片足を前に出します
  • 背筋をまっすぐの状態で腰を下ろします
  • 後ろに引いている足の付け根が伸びているのを感じたら10秒キープしてください。

硬くならないように気をつけたいこと

足を組む、猫背などの不良姿勢を取らない

足を組むと左右で柔軟性の差が出ますし、猫背のような姿勢で長時間座ることが多いと、太ももの裏側が硬くなり、骨盤のバランスが崩れてしまうなど、太ももも硬くなりますし、他にも悪影響がたくさん出てきます!

なるべくこれらの不良姿勢は取らないように、普段から意識しましょう。

長時間同じ姿勢でいることを避ける

体が硬くなっていく一番の原因は、体を動かさないことです。体を動かさない時間が長くなってしまうと、そのまま筋肉は固まっていってしまいます。

デスクワークで座り姿勢が長く続く方には特に気をつけていただきたいです!1日中座り姿勢を取らなければいけない場合でも、1時間に1度はお身体を動かす意識ができると、体をゆるめることができます。

終わりに

太ももストレッチまとめはいかがでしたか?

単に太ももといっても、こんなにたくさんの筋肉があることをご存知の方は少なかったのではと思います。これを機に、ひとつひとつの部位を意識しながら太ももをストレッチして、理想の体をめざしてみてくださいね!

————————————————————————————–

ご予約/お問い合わせのお電話はこちら

【横浜店】 045-620-8330

【渋谷店】 03-6455-3434

平日11:00~21:00 土曜10:00~21:00 日祝10:00~19:00

※全店舗月曜定休

————————————————————————————–

☆おトクなWEB限定キャンペーン実施中☆

—————————————————————–

※当店のパーソナルストレッチは治療を目的とした医療行為ではありません。
※施術の効果については個人差がございますので予めご了承ください。

Pocket

この記事を書いたスタッフ:奥村 夏紀

ブログトップに戻る

pagetop