渋谷・横浜のパーソナルストレッチ専門店S-LIFEエスライフ

渋谷・横浜両店お電話にてご予約受付中045・620・8330

【渋谷店】03-6455-3434 【横浜店】045-620-8330

スタッフブログ

トップ > ブログトップ > お役立ち情報 > 【夏に向けて!】くびれを作る為の簡単ストレッチ・エクササイズ6選

【夏に向けて!】くびれを作る為の簡単ストレッチ・エクササイズ6選

thS5QTA908

みなさんこんにちは
横浜店トレーナーの垣内です。

どんどん暖かくなり、服も薄着になってきましたね!
半袖でも良いくらいに暖かくなってくると、身体のラインが気になる…などの悩みがどんどん出てきます。
夏が近づいてくると、薄着はもちろん水着を着るという機会もあるかもしれませんね!
自信を持って水着を着れるくらいにメリハリのある美しい身体を手に入れる事ができれば春も夏も思う存分楽しめるはずです!
そこで今回は、「くびれを作る為のストレッチ、エクササイズ」を紹介します。

くびれを作る為には?

 くびれを作るにあたって鍛えたい筋肉は、腹斜筋です!

th02IGWPQN

腹斜筋には【外腹斜筋・内腹斜筋】の2種類があります。
「腹を斜めに走っている筋肉」なので腹斜筋と言います。

外腹斜筋(がいふくしゃきん)は、肋骨の外側から斜め下についている筋肉です。
内腹斜筋(ないふくしゃきん)は、外腹斜筋の内側にあり、骨盤から肋骨についている筋肉です。
腹斜筋は、身体を曲げたり捻ったりするときに使われます。
単に体幹を動かすだけでなく、腹腔内圧(ふくくうないあつ)を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたりします。

腹部のたるみを無くしていきたい方や便秘にお悩みの方も鍛えていきましょう。

身体を変える為に大切な事!

身体を変化させる為に大切なのは、ストレッチやトレーニングを「習慣化」させる事です。
最初は、なかなか習慣化することは難しいですし、なかなか気が乗らない方もいらっしゃるかもしれませんが、無理なく自然に取り組める方法もあります。

・テレビを見ながらトレーニング
・トレーニングの時間を作るというよりは、隙間時間を利用して行う。
(朝起きてストレッチ・トレーニング、帰宅後にトレーニング、お風呂上りにストレッチ等)

このように取り組めば無理なく取り入れる事ができるようになります。

続けなくては、やはり身体は変わっていかないので、ご自身の時間の中で取り入れやすい時間を見つけて習慣に出来るよう頑張りましょう。

トレーニングは毎日行っても問題はありませんが、筋肉の回復を待つ意味でも1日おきのトレーニングがオススメです。
ストレッチは毎日行いましょう!!

くびれを作りたい方にオススメのストレッチ

◯腹部のストレッチ1

DSC_1886

  • うつ伏せになります。
  • 肩幅くらいに手をつき、身体を起こします。
  • 30秒キープしましょう。

◯腹部のストレッチ2

DSC_1886

  • うつ伏せの状態から両手、両足を広げて状態を起こします。

DSC_1888

  • 上半身を固定したまま、左膝を前方に曲げます。

DSC_1890

  • 状態を左に捻り視線も後方に向けます。
  • 30秒キープしましょう。
  • 右側腹部をストレッチする事ができます!

◯お腹・腰・お尻のストレッチ

DSC_0821

  • 仰向けに寝て、両手を広げます。
  • 右足を90度に曲げ、身体を左側に捻っていきます。
  • 30秒キープしましょう。
  • ゆっくりと元に戻し、反対側も同じように行いましょう。

くびれを作りたい方にオススメのエクササイズ

◯クランチ(10回×2〜3セット)

DSC_1252

  • 仰向けに寝て手を胸の前で交差させ、膝を90度に曲げます。

DSC_1253

  • 身体は肩甲骨が床から離れるくらいまで起こし、おへそをのぞき込むイメージで。
  • 身体を戻す時は、ゆっくりと。頭が床につかないように下ろします。
  • 呼吸は、息を吐きながら状態を起こし、息を吸いながら状態を戻していきます。

◯ツイストクランチ(10回×左右)

DSC_1891

  • 仰向けに寝て手は伸ばした状態で、膝を90度に曲げます。
  • 下半身はそのまま、上半身を捻じりながら左手で右膝を触ります。
  • 身体を戻す時は、ゆっくりと。頭が床につかないように下ろします。
  • 呼吸は、息を吐きながら状態を起こし、息を吸いながら状態を戻していきます。
    ※大切なのは、反対側の膝を触ることよりも、身体を捻じって状態を起こす事です。

◯サイドレッグアップ(10回×左右)

DSC_1894

  • 身体がまっすぐになるように横向きに寝て、右手を側頭部に、左手は床につき身体を支えます。

DSC_1895

  • 視線を真っすぐ前に向けたまま、両足を床から浮かせます。
    ※脇腹を意識しましょう。
  • ゆっくりと足を下ろし、また上げていきましょう。
  • この時、床に足をつけないようにしましょう。

いかがでしょうか

夏の水着の時期まではあと2か月ほどありますね!
今回を機に簡単なストレッチとトレーニングから始めてみてはいかがでしょうか。
自分一人ではなかなか出来ないという方は、当店のストレッチと体幹トレーニングで一緒に身体を変えてみませんか?!
お手伝いさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

————————————————————————————–

ご予約/お問い合わせのお電話はこちら

【横浜店】 045-620-8330

【渋谷店】 03-6455-3434

平日11:00~21:00 土曜10:00~21:00 日祝10:00~19:00

※渋谷店のみ月曜定休

————————————————————————————–

☆おトクなWEB限定キャンペーン実施中☆

Pocket

この記事を書いたスタッフ:垣内 友里恵

ブログトップに戻る

pagetop