渋谷・横浜のパーソナルストレッチ専門店S-LIFEエスライフ

渋谷・横浜両店お電話にてご予約受付中045・620・8330

【渋谷店】03-6455-3434 【横浜店】045-620-8330

スタッフブログ

トップ > ブログトップ > 疲労回復 > 一種目30秒で身体のだるさを解消するストレッチ!~身体の調子を整える栄養素も紹介~

一種目30秒で身体のだるさを解消するストレッチ!~身体の調子を整える栄養素も紹介~

身体のダルさ アイキャッチ

こんにちは。横浜店トレーナーの垣内です。

今回のテーマは『身体のダルさ!』

身体のダルさはみなさん感じたことがあるのではないかと思います。だいたいのダルさは、身体を休める事によって良くなる事が多いのですが、病気の前触れによる身体のダルさもあります。

休んでもなかなか改善しない場合などは、病院に行くことをオススメしますが、今回はそれ以外の『肉体的なダルさ』を解消する為には?という所をご紹介したいと思います。

身体のだるさが出る原因 

〇運動不足

運動不足になると、筋肉の活動量が少なく血流がとても悪くなってしまいます

パソコン、スマートフォン、立ち仕事などで疲れているのに、身体を動かす元気がない…という方がかなり多いのではないかと思います。

オフィスでのお仕事の方は、長時間同じ姿勢で作業をする事によって筋肉が固まってしまい、疲れが溜ってしまうという悪循環が起きるので、そんな時こそ筋肉を動かし血流を改善する事が、ダルさを取る為には必要になります。

激しい運動をする事だけが筋肉を動かす方法ではありません。ストレッチでじっくりと筋肉を伸ばす事で慢性的なダルさを解消していくこともできますよ!

〇睡眠不足

睡眠時間は確保できていますか?睡眠の質は高いですか?十分に睡眠時間が確保できていないと、頭が思うように働かなかったり、ぼーっとしてしまいがちです。

また、妙にイライラしてストレスが溜ってしまったり…ということも睡眠不足や睡眠の質の低下から起こります。身体を休めて回復させてくれるはずが、睡眠の質の低下によって反対に身体に疲れを溜めてしまうきっかけになっているのかもしれません。 

〇ストレス

ストレスを全く感じていないという方は、あまりいないのではないかと思います。ストレスを継続して受け続ける事で、自律神経やホルモンバランスの乱れにもつながっていきます

自律神経は、交感神経と副交感神経によって成り立っているのですが、ストレスを強く感じていると交感神経ばかり優位になり、副交感神経とのバランスが崩れてしま。

交感神経が優位になる事によって、睡眠に影響が出たり、気分が憂鬱になりダルさが抜けないなど日常生活に活気が無くなってしまう原因となります。

休息を十分に取ることや、ストレス発散を上手く行い気分転換を行う事もダルさの解消に繋がっていきます!

〇食生活

ダイエットや節約、飲み会が続くなど…の生活は、栄養のバランスが偏ってしまいがちです。

寝る直前の食事や食べ過ぎなども決して良い習慣ではありません。

食生活の乱れは、細胞活動が衰え疲れやすい体質になってしまったり、代謝の低下、疲労回復を促す成長ホルモンの分泌を妨げる、胃に負担を掛けるなど、身体にとってマイナスに働いてしまいます。 

〇その他

身体のダルさを引き起こすその他の原因としては…

季節の変わり目の気温差、生活のリズムがバラバラ、不摂生、生理・妊娠、風邪のひきはじめ、更年期障害、心の病などがあります。

ダルさを解消するストレッチ

運動の代わりにストレッチで筋肉を動かしていきます。

大きな筋肉を伸ばしていく事、そして一日負担をかけ続けてきた筋肉を重点的に伸ばしていく事が血流改善のポイントです。一日の終わりに是非取り入れてみてください!

『首のストレッチ』

  1. 右手を背中に回します。
  2. 首を左に倒しながら、左手で補助し伸ばしていきます。
  3. 首が伸びたら30秒キープします。
  4. 反対も行います。

『背中のストレッチ』

  1. タオルを肩幅よりも広めに持ちます。
  2. 左側に身体を倒していきます。
  3. 脇の下あたり・背中が伸びたら30秒キープします。
  4. 反対も行います。

『お尻のストレッチ』

  1. 右足を90度に曲げます。左足は後ろへ。
  2. 右内腿に胸を付けていくイメージで上半身を倒します。
  3. お尻が伸びたら、30秒キープします。
  4. 反対も行います。

『身体を捻るストレッチ』


  1. 仰向けに寝て両手を広げます。
  2. 90度に膝を曲げて足を反対側へ。身体を捻ります。
  3. ※身体を捻っている時、首は反対側に向けましょう。
  4. 捻ったところで30秒キープします。
  5. 反対側も行います。              

日常生活で気を付けたいこと

〇生活サイクルを整えましょう

起きる時間・寝る時間・食事の時間が日々バラバラなど…このような生活の乱れから、身体のダルさが出てしまっている方は多いと思います。

身体のダルさが生活サイクルの乱れが原因の一つとして考えられるのであれば、それは自分自身でダルさの原因を作ってしまったことになります。日々の過ごし方を規則正く整えていく事が、疲れを溜めない身体を作る上で大切です。

〇その日の疲れはその日のうちに取りましょう

一日の最後にストレッチ。これを習慣にする事が、ダルさを取る・ダルさを次の日に残さないためには必要です。

少しでもその日の疲れを解消した状態で眠りにつくのと、一日の疲れを残したまま眠りにつくのでは、もちろん前者の方が快適な日常生活を送ることができます。

ストレッチは筋肉を伸ばす事で、血液の流れを改善する働きがあるので疲労物質や老廃物を滞らなくするのに最適です!常に血流の良い状態を作っておくことが重要になります。ストレッチを習慣化して、身体を根本から改善していく事がダルさを解消する近道です!!

 

栄養面で取り入れたいこと

忙しい時や、ダイエット中などはついつい毎日の食事をおろそかにしてしまいがちです。栄養不足がだるさにつながることもあります!

特に摂りたい栄養素として、大切なのは『ビタミンB群』

中でも、特にビタミンB1は糖質をエネルギーに変える働きがあります。ビタミンB1を取るために、豚肉やレバーや豆類を積極的に摂取しましょう!ビタミンB1が不足すると、糖質をエネルギーに変えることができなくなり、身体がだるくなったり疲れやすくなったりします。太りやすくなったりもしますので注意が必要です!

また、炭水化物やタンパク質が不足するなど栄養の偏りには要注意です。良質なタンパク質、ビタミンやミネラルが豊富に含まれた食材を使って、バランスのよい食事を心掛ける事が大切です

そして、摂りすぎ注意なのが『糖質』。一時的な疲労回復に、糖分が役立ちますが…摂りすぎてもかえって身体がだるくなることもありますし、太る原因にもなりますので十分にお気を付けください。

エスライフにできること

エスライフにできることは、ダルさの出ない身体作りのお手伝いです!

生活のスタイルは様々ですが、当店にいらっしゃるお客様の中には仕事・家事や育児・勉強などで溜まった疲労に対して、身体に対するケアの時間が少ない方が多いです。

運動不足によって硬くなってしまった身体を自分でストレッチしようとしても、筋肉を伸ばしている実感がなかったり、柔軟性を向上させることはかなり難易度が高くなります。

やはり日常生活で行わない動きをしたり、動かせていない筋肉をストレッチして動かす事は、ダルさを取っていく上でとても大切な事です。

セルフストレッチでは、アプローチが難しい筋肉もパーソナルストレッチではアプローチでき身体を効率よく改善していくことがきます!

是非、一度当店のストレッチをご体験ください!!

————————————————————————————–

ご予約/お問い合わせのお電話はこちら

【横浜店】 045-620-8330

【渋谷店】 03-6455-3434

平日11:00~21:00 土曜10:00~21:00 日祝10:00~19:00

※全店舗月曜定休

————————————————————————————–

☆おトクなWEB限定キャンペーン実施中☆

—————————————————————–——————–

※当店のパーソナルストレッチは治療を目的とした医療行為ではありません。

※施術の効果については個人差がございますので予めご了承ください。

Pocket

この記事を書いたスタッフ:垣内 友里恵

ブログトップに戻る

pagetop