渋谷・横浜のパーソナルストレッチ専門店S-LIFEエスライフ

渋谷・横浜両店お電話にてご予約受付中045・620・8330

【渋谷店】03-6455-3434 【横浜店】045-620-8330

スタッフブログ

トップ > ブログトップ > ストレッチ > ぎっくり腰と普通の腰痛の違いって何?~ぎっくり腰になる3つの原因と予防する2つのストレッチも紹介~

ぎっくり腰と普通の腰痛の違いって何?~ぎっくり腰になる3つの原因と予防する2つのストレッチも紹介~

IMG_0284

 みなさんこんにちは!

横浜店の小澤です。

当店をご利用いただいているお客様の中でも特に多いのが腰痛です。

腰痛といっても慢性的なものではなく急性的に痛くなるというものもあります。そこで今回は、急性腰痛症とも言われている「ぎっくり腰」について紹介していきます。

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは、「急性腰痛症」と呼ばれるもので突然腰部に激痛が走る症状です。

急に動いたり、重い荷物を持とうとした時、身体を捻った時などに動けなくなるほどの痛みに襲われると言われています。慢性的な腰痛も同じように腰に痛みを伴いますが、普通の腰痛とぎっくり腰ではどのような違いがあるのでしょうか?

普通の腰痛との違い

腰痛の原因は主に筋肉の硬さ、姿勢や歩き方などによる疲労や障害となります。

一般的に起こる腰痛は、仕事中の姿勢(デスクワークや立ち仕事)やスポーツなどでの継続的な腰への負担で起こり、対してぎっくり腰は運動やお仕事などの際に腰部の筋肉や骨に過度の負荷がかかった時に起こります。

端的に言えば、慢性的なのか?急性的なのか?の違いです。ではぎっくり腰の大きな原因は何でしょうか?3つにまとめてみました!

ぎっくり腰の原因1「筋肉疲労」

何かの拍子でグキッと腰を痛めてしまうことが多いのがぎっくり腰ですが、知らず知らずのうちに筋肉に疲労が溜まっていることで起きてしまうことで重いものを持ち上げた時や、くしゃみをした瞬間などに弱っている筋肉に急激な負担が掛かり損傷してしまう場合があります。

ぎっくり腰の原因2「骨格の歪み」

お仕事などで立ちっぱなしや座りっぱなしでいること、長時間限られた姿勢でいることが多いと思います。同じ体勢でいることによって身体の柔軟性が低下していき同じ筋肉だけを使うことになってしまうのです。

多く使われている筋肉は負荷がかかり、使われていない筋肉は少しずつ萎縮していくことで筋力のアンバランスが生まれ骨格の歪みにつながります。歪んだ状態での急激な負荷はギックリ腰を誘発する要因の一つです!

ぎっくり腰の原因3「柔軟性の低下」

筋肉や関節が柔軟性の低下で可動範囲が狭くなったり、ほとんど動かないハズの腰の関節を余計に使ってしまうなど、柔軟性の低下による身体への弊害は大きなものです。可動範囲が狭くなっているのに勢いよく動かしたらグキッッ!!!想像できますよね(笑)

さて上記の3つを予防していくには何をしたらよいでしょうか?次の項にまとめてみました。

ぎっくり腰の予防①体を左右対象に使う

かばんを持つ時、足を組む時などに片方だけではなくて両方使えるようにしましょう!

ぎっくり腰の予防②同じ姿勢を取りすぎない

デスクワークの方に多いですが、同じ姿勢を長時間取り続けると筋肉は硬まってしまいます。

筋肉が硬くなると筋肉の可動域が急激に狭くなってしまうので身体を動かそうとしてもスムーズに動かすことが難しくなります。なのでなるべく1時間に一回は体を動かすようにするのがオススメです!

ぎっくり腰の対策①こまめにストレッチをする

腰の筋肉が凝り固まってしまうと、疲れが溜まりやすくなってしまいます。

こまめに腰回りの筋肉を動かしてあげましょう!

ぎっくり腰の対策②体を冷やさないように温める

体が冷えると筋肉は硬くなりやすいです。特に寒い季節は冷えやすいので体を動かしたり、湯船に浸かり身体を温めることや腹巻で腰を冷やさないようにする工夫が効果的です!

ぎっくり腰の時はストレッチってやっていいの?

ぎっくり腰になった時、無理に動かずに安静にしている事が一番だと考える方は多くいると思います。もちろん最初は安静にすることが大事ですが、そのまま全く動かないというのは上記に書いた原因を増長するようなものです!腰の炎症が治まって身体が動かせるようになったら少しずつストレッチを始めていきましょう!

ではどのようなストレッチをしていけばよいでしょうか?またどのようなエクササイズをしてぎっくり腰の対策をしていけばよいのか次の項でお話したいと思います。

ぎっくり腰に効果的な2つのストレッチ

ぎっくり腰になった時に、特に硬くなりやすい腰周りの筋肉のストレッチを紹介します。上でも述べたように柔軟性の改善は非常に大事です!

腰周りのストレッチ①

  1. 仰向けに寝て、両膝を90度に曲げます。
  2. 両膝を揃えたまま横に倒します。
  3. 10秒ほどキープして、それを交互に5回ずつ行います。

腰周りのストレッチ②

  1. 仰向けに寝た状態から、ゆっくりと膝を抱えるような体勢になります。
  2. 胸の方に近づけるイメージで抱えて、10秒ほどキープします。

ぎっくり腰を予防する2つのエクササイズ

ぎっくり腰は身体を支える役割がある「体幹」が弱いことでも起こりやすいです。

体幹を鍛えて身体に負荷をかけすぎないことも大事なので、簡単にできるエクササイズも紹介します

フロントプランク

  1. うつ伏せの姿勢から肩の真下に肘が来るようにします。
  2. 肩・腰・くるぶしが一直線になるようにして、15〜30秒キープします。
  3. 姿勢が崩れない範囲で3セット程行いましょう。

ブリッジ

  1. 仰向けの姿勢になり、膝を曲げて腰を浮かせます。
  2. 肩・腰・膝が一直線になるようにして、15〜30秒キープします。
  3. こちらも、姿勢が崩れない範囲で3セット程行いましょう。

終わりに

ぎっくり腰の原因と対策いかがでしたでしょうか?人それぞれ原因やぎっくり腰になる場面は違うものの疲労や柔軟性の低下などケアの不足が大きな要素となっています。ぎっくり腰にならないために柔軟性や筋肉のバランスに目を向けて身体のケアをしていきましょう!

————————————————————————————–

ご予約/お問い合わせのお電話はこちら

【横浜店】 045-620-8330

【渋谷店】 03-6455-3434

平日11:00~21:00 土曜10:00~21:00 日祝10:00~19:00

※全店舗月曜定休

————————————————————————————–

☆おトクなWEB限定キャンペーン実施中☆

————————————————————————————–

※当店のパーソナルストレッチは治療を目的とした医療行為ではありません。

※施術の効果については個人差がございますので予めご了承ください。

Pocket

この記事を書いたスタッフ:小澤 雅美

ブログトップに戻る

pagetop