渋谷・横浜のパーソナルストレッチ専門店S-LIFEエスライフ

渋谷・横浜両店お電話にてご予約受付中045・620・8330

【渋谷店】03-6455-3434 【横浜店】045-620-8330

スタッフブログ

トップ > ブログトップ > ストレッチ > 胸郭出口症候群を予防・軽快するストレッチ4選

胸郭出口症候群を予防・軽快するストレッチ4選

O6MBP1UB5X

電車のつり革での手を挙げている状態や重い荷物をずっと持っている状態でいると手がビリビリとしびれてくる症状が出たことはありませんか?もしかしたらそれは胸郭出口症候群かもしれません…

これからの季節、寒くて筋肉が緊張したり荷物が増えて肩周辺の筋肉が強張る方も多いと思いますので、胸郭出口症候群の症状や対処方、ケアの仕方について語っていきます。

胸郭出口症候群ってなに?

そもそも胸郭出口症候群は鎖骨や肋骨周辺の筋肉が血管や神経を圧迫することにより、指先や腕、肩甲骨周辺にしびれやダルさが出てしまう慢性障害です。特に重篤な状態になると筋力低下や握力の低下を引き起こすので放っておくと生活に支障が出る可能性があります。

そもそも胸郭とは

胸郭とは肋骨や胸椎を含めた外郭のことを言います。肋骨の周りには横隔膜や腹筋を中心とした体幹の筋肉や、大胸筋などの大きな筋肉がついており、中には内臓が収納されています。

原因ってなに??

〇姿勢の不良
〇椎間板や骨の老化
〇筋肉の緊張
〇重心のズレ
〇背骨のゆがみ

どんな症状が出るの??

〇手指のしびれ
〇首や肩のコリや痛み
〇力が入らない感
〇筋力低下

これらの症状がでてきます。見た目には現れないため分かりにくいですが、治療法や予防法はしっかりとあります。

胸郭出口症候群の治療法

温熱療法

患部に電気を当てたり、温めたりして筋肉の緊張を緩めることによって解消を目指す方法です。原因が完全に解消されていないため、根治とはいかないですが、痛みを和らげることができます

ブロック注射

胸郭出口症候群の症状でしびれの原因を出している神経に直接麻酔をかけることで痛みを和らげる方法です。こちらも対処療法で原因の根治にはならないため痛みがぶり返すこともあります。

運動療法

エクササイズやストレッチで姿勢改善や原因である筋肉の緊張を緩めたり根本の原因を改善していく方法です。リハビリ的なトレーニングからスタートするため、時間はかかりますが、確実に根治を目指せます。

胸郭出口症候群を予防するストレッチ

胸郭出口症候群になってしまった人の改善やこれからならないように予防していきたい方へ向けたセルフストレッチをご紹介します。少しずつ行ってみてください。

大胸筋のストレッチ

〇両手を後ろで組む
〇胸を張りながら肩甲骨を寄せる
〇手を後ろに引きながら胸を突き出してく
〇20秒~30秒キープする。ストレッチ中は楽に呼吸をする。

広背筋のストレッチ①

〇手を胸に前で組む
〇肩甲骨を外に開きながら背中を丸める
〇背中を丸めながら手は前方に引き伸ばしていく

広背筋のストレッチ②

〇①のストレッチから左右に捻りを加える
〇右で20秒、左で20秒伸ばしていきましょう。

三角筋のストレッチ

〇肘を胸の前でクロスにする
〇左腕で右腕を引っ張る
〇ストレッチされたら20秒キープ
〇反対の腕も行う

僧帽筋のストレッチ

〇伸ばしたい方の手を後ろに回す
〇反対側の手で頭を引っぱり頭を倒していく
〇首の付け根から首の横側まで伸びたら20秒キープ
〇反対側も行う。

終わりに

胸郭出口症候群は適切な対処療法とストレッチで軽快します!

今までしびれや痛みに悩んでいた方は少しずつストレッチを始めてみましょう。これからの生活が楽になること間違いなしですよ!

————————————————————————————–

ご予約/お問い合わせのお電話はこちら

【横浜店】 045-620-8330

【渋谷店】 03-6455-3434

平日11:00~21:00 土曜10:00~21:00 日祝10:00~19:00

※全店舗月曜定休

————————————————————————————–

☆おトクなWEB限定キャンペーン実施中☆

—————————————————————–
※当店のパーソナルストレッチは治療を目的とした医療行為ではありません。
※施術の効果については個人差がございますので予めご了承ください。

 

Pocket

この記事を書いたスタッフ:太田 亮一

ブログトップに戻る

pagetop